PMSにさよならを|実は簡単に改善できる

原因は雑菌

お尻

普段気をつけること

しゃがみこんだ時やトイレに行った時など、ふとしたときに自分の陰部の臭いが気になる方は多いのではないでしょうか。あの臭いは何なのか、原因を知って改善していきましょう。陰部の臭いの原因のほとんどは雑菌によるものです。用をたした後しっかり拭きとれていない場合もそうですし、生理中などは特に強くなります。女性器はひだがあり凸凹しているのでそのまま気づかず放置してしまうと、下着にも付着してしまい臭いの原因となります。また、おりものも原因の1つです。もともとおりものは膣から出てきた時は無臭ですが、乾燥する頃には酸っぱい臭いに変化します。人によってヨーグルトみたいとかチーズの臭いに似ていると感じるようですが、これは膣を雑菌から守るための成分が乾燥する事で酸っぱい臭いに変化するだけなので正常です。とはいえ、やはり気になりますよね。改善方法としてはまず通気性の良い下着を身につけること。陰部は多湿なため雑菌が繁殖しやすい環境です。通気性の良いもの、あまり締め付けが強くないショーツで、雑菌の繁殖を防ぎましょう。次に用をたした後はしっかり拭き取りましょう。陰部には陰毛や凸凹があり拭き残しが起こりやすい場所です。特に生理中はビデ機能を使って経血を洗い流し、拭き取ることで改善に繋がります。また、4〜5日目になると量も少なくつい付けっぱなしという方も、雑菌は臭いだけでなく炎症なども引き起こしますのでこまめに替えたほうが良いでしょう。おりものに関してはおりものシートというものが市販されています。ショーツのクロッチ部分に貼るものでナプキンよりも小さいので、つけていても特に気になりません。交換すれば臭いも防げますし下着も汚れず快適に過ごせます。雑菌が原因の臭いの改善には清潔にしておくことが1番です。普段の生活の中でできることばかりですので、ぜひお試しください。

Copyright© 2018 PMSにさよならを|実は簡単に改善できる All Rights Reserved.