早めのHIV検査でエイズ発症を予防しよう~検査でMAMORU~

医者

病院で詳しく検査を受ける

先生

性行為やオーラルセックスなどによって感染する病気のことを性病と言います。エイズのように合併症を引き起こしてしまうような重度な性病もありますが、多くは症状が軽いのでそれほど警戒していない人が多いです。自覚症状がないと、日常生活に支障をきたすことはないのですが、知らない間に感染を拡大させてしまうことになります。それを予防するためには、普段から性病についてしっかり考えて、予防することが大切です。性病は様々な種類がありますが、その中で最も患者数が多いのはクラミジアです。クラミジアは自覚症状が無いことが多く、気づかない間に病状を進行してしまいます。クラミジアを放置していると、不妊や流産の原因になってしまうので、すぐに治療することが大切です。セルフチェックをしたり、軽度の症状を感じたりしたら、医療機関で詳しく検査を受けたほうが良いです。

性病の検査は、産婦人科、泌尿器科、皮膚科、性病科などで受けることができます。最近では、性病を専門に診ている病院も増えてきています。性別によって受診する診療科は変わってくるので、初めて性病の検査をする人は注意したほうが良いです。男性の場合は、泌尿器科で、女性は産婦人科に相談にいくと良いでしょう。産婦人科と言えば、妊娠検査や分娩をする病院というイメージが強いですが、月経や子宮に関することなどを扱っているので、性病の検査も行なうことができます。病院で性病について相談するのが恥ずかしいという人も多いですが、産婦人科によっては女性医師が対応してくれるところもあるので、そのような部分をチェックして病院を選ぶと良いでしょう。